栽培品種

富浦いちご狩りセンター(道楽園内)

富浦いちご狩りセンターでは「章姫」「紅ほっぺ」「かおり野」の3種類を栽培しており、いずれも糖度にこだわって育てております。

  1. 章姫(あきひめ)
  2. 紅ほっぺ(べにほっぺ)
  3. かおり野(かおりの)

白浜いちご狩りセンター

白浜いちご狩りセンターでは酸味や甘みが異なる4種類のいちご狩りがお楽しみいただけます。

  1. 章姫(あきひめ)
  2. 紅ほっぺ(べにほっぺ)
  3. かおり野(かおりの)
  4. 幸香(さちのか)

酸味や粒の大きさ、熟成期など様々です。

今年は栽培品種を4種類(章姫・紅ほっぺ・かおり野・幸香)とし、それぞれの味を食べくらべることができます。

章姫(あきひめ)

章姫(あきひめ)

章姫(あきひめ)は、少し細長い感じのイチゴですが、肉質は非常にやわらかくジューシーで、酸味が少なく甘さを強く感じるのが特徴です。そのため小さなお子様には大変人気のある品種です。

紅ほっぺ(べにほっぺ)

紅ほっぺ(べにほっぺ)

紅ほっぺ(べにほっぺ)は、程よい酸味と強い甘みが調和し果汁たっぷりで濃厚な味わいのいちごです。そのまま食べると濃厚な味が楽しめます。香りがいいのも特徴のひとつです。

かおり野(かおりの)

かおり野(かおりの)

かおり野(かおりの)は、果実が大きくて、酸味が少なく、ジューシーで爽やかな甘さが魅力のイチゴです。

幸香(さちのか)

幸香(さちのか)

幸香(さちのか)は、甘さと酸味のバランスが良く、そのまま食べるのがおすすめです。円錐形でサイズは大きめ。またビタミンCが豊富に含まれているのも特徴のひとつです。

※いちごの生育状況により全ての種類を食べれない場合がございます。